10月17日、第79回くるめ相談ネット(相談分科会)を開催しました。今回は久留米大学 文学部社会福祉学科教授 片岡靖子先生よりアセスメントについて講義をしていただきました。会場は久留米市総合福祉会館で、参加者は39名でした。

 

第79回くるめ相談ネット(相談分科会)では、相談支援事業所の相談支援専門員向けに久留米大学片岡先生より講義をしていただきました。アセスメントは理解・解釈・仮説を立てることであり、そのためには、人や環境に関する情報や問題解決に必要な情報を収集し、個別の状況を詳細に把握・理解することが必要であることを学びました。収集した情報から、根拠を持って推論して全体をとらえていくことが大切であることがわかりました。前回のケースメソッドに引き続き、相談支援の実践についての貴重な講義でした。

講義のあとには、映像を見ながら情報収集してアセスメントを行い、グループごとに話し合い発表しました。グループごとにたくさんの意見が出て、有意義な時間となりました。

 

第80回くるめ相談ネット(相談分科会)
日 時:2019年12月
場 所:未定
担 当:北部障害者基幹相談支援センター
内 容:情報交換会