7月4日(日)、gocochi-Next主催の【ついんくる★★講座2021】が開催されます。第1回目のテーマは、「見てわかる・伝わるコミュニケーション支援のコツ~視覚支援カードやシンボルコミュニケーション、ICTの効果的な活用~」です。Zoomによるオンライン講座です。特別支援教育や発達障害児・者の生活をサポートする福祉事業に携わる方は必見の講座です。ぜひご参加ください。

シンボルコミュニケーションや視覚支援の絵カードといえば、ドロップスと言って良いほど、日本の特別支援教育や福祉事業所の現場で最も広く使われているシンボル集があります。
今回、このシンボル集を開発されたNPO法人ドロップレット・プロジェクト代表理事で、国立特別支援教育総合研究所情報・支援部主任研究員の青木高光先生についんくる講座の講師をしていただきます。
今回のテーマとして、「見てわかる・伝えるコミュニケーション支援のコツ」として、視覚支援やコミュニケーションの基本的な内容から、先生が開発されたDrop Talk(AACアプリ:補助代替コミュニケーションアプリ)や最新のDrop Step+ByTalk(スケジュール、SNSアプリ)といったICT活用まで幅広くお話していただきます。
また、先生の著書である「視覚支援のカード・教材100」は今年の5月に発売されて、この6月現在で既に3刷目の増刷と大ヒットとなっています。この本にあるカードや教材から、現場で活用できるヒントやノウハウを教えていただける貴重な時間になるかと思われます。
今回、特別支援教育や発達障害児・者の生活をサポートする福祉事業に携わる方は必見の講座です。
子どもはいずれ大人になります。子どもに限らず、大人の事業所でも活かせる内容になっているかと思います。ぜひ、たくさんのご参加をお待ちしています。

 

講師紹介:青木高光先生
国立特別支援教育総合研究所 情報・支援部主任研究員
NPO法人ドロップレット・プロジェクト代表理事
著書
「視覚シンボルで楽々コミュニケーション」エンパワメント研究所
「視覚シンボルで楽々コミュニケーション2」エンパワメント研究所
「視覚支援のカード・教材100」学研教育みらい
開発アプリ
「Drop Talk」HMDT
「Drop Step+ByTalk」バイトルヒクマ社

 

ついんくる講座2021 第1回学習会  Zoomによるオンライン講座です
日 時:2021年7月4日(日)10時~12時予定
テーマ:「見てわかる・伝わるコミュニケーション支援のコツ~視覚支援カードやシンボルコミュニケーション、ICTの効果的な活用~」
講 師:青木 高光 先生
(国立特別支援教育総合研究所 情報・支援部主任研究員 NPO法人ドロップレット・プロジェクト代表理事)
主 催:gocochi-Next

※申込み、直前情報など、詳細は直接お問い合わせください。
※必ず開催チラシでご確認ください。こちらへ → 開催チラシ PDFダウンロード