9月22日(日)、gocochi-Next主催のドキュメンタリー映画「道草」上映会&シンポジウムが開催されます。シンポジウムのテーマは、「重度知的障害のある人の暮らしとまちの風景~支援者、親、まち、それぞれの目線で~」。久留米市障害者問題啓発事業です。ぜひ、ご参加ください。

「道草」は、自閉症と重度の知的障害があり、自傷・他害といった行動障害がある人が、重度訪問介護という福祉サービスを利用しながら介護者付きのひとり暮らしを送るというドキュメンタリー映画です。

席には限りがありますので、お早めにお申し込みください。

 

ドキュメンタリー映画「道草」上映会&シンポジウム
日 時:2019年9月22日(日)
上映会 13:00~14:45  シンポジウム 15:00~16:10
定 員:200名
参加費:500円
場 所:えーるピア久留米 視聴覚ホール
託 児:1名につき500円・要申し込み

※お問合せ・お申込については、開催チラシにてご確認ください。
詳細は こちらへ (PDF ダウンロード) →

 

9月(がつ)28日(にち)(土曜・どよう)、「障害(しょうがい)のある方(かた)のためのバリアフリーカフェ」を開催(かいさい)します。今回(こんかい)のテーマ は「みんなで話(はな)そう、障害(しょうがい)のこと」。久留米(くるめ)市内(しない)の障害(しょうがい)当事者(とうじしゃ)のみなさん! お気軽(きがる)にご参加(さんか)ください。

 

久留米市(くるめし)障害者(しょうがいしゃ)基幹(きかん)相談(そうだん)支援(しえん)センターでは、障害(しょうがい)当事者(とうじしゃ)の方々(かたがた)と、誰(だれ)もが暮(くら)しやすいまちづくりを一緒(いっしょ)に 考(かんが)えていきたいと思(おも)っています。

今回(こんかい)のテーマは「みんなで話(はな)そう、障害(しょうがい)のこと」。

当事者(とうじしゃ)、家族(かぞく)、支援者(しえんしゃ)、地域住民(ちいきじゅうみん)の皆(みな)さんと「障害(しょうがい)」をテーマに、ざっくばらんに思(おも)うことをお話(はなし)しましょう。

お気軽(きがる)に、ご参加(さんか)ください。

 

障害(しょうがい)のある方(かた)のためのバリアフリーカフェ
「みんなで話(はな)そう、障害(しょうがい)のこと」

日 時(にちじ):令和(れいわ)元年(がんねん)9月(がつ)28日(にち)(土曜・どよう )14時(じ)~16時(じ)
場 所(ばしょ):荘島(しょうじま)体育館(たいいくかん)2階(かい)軽運動室(けいうんどうしつ)
対 象(たいしょう):関心(かんしん)のある方(かた)ならどなたでも
定 員(ていいん)    :25名(めい)
費 用(ひよう)     :無料(むりょう)
申 込(もうしこみ):9月(がつ)9日(にち)月曜(げつよう)より 下記(かき)へお申込(もうしこみ)ください
久留米市(くるめし)南部(なんぶ)障害者(しょうがいしゃ)基幹(きかん)相談(そうだん)支援(しえん)センター
電話番号(でんわばんごう):0942-51-8555

詳細(しょうさい)はチラシにてご確認(確認)ください。 こちらで(紹介)しています →

 

7月18日、第76回くるめ相談ネット(相談分科会)を開催しました。今回は、相談支援事業所向けに「令和元年度障害福祉サービス事業者等集団指導」を久留米市健康福祉部 障害者福祉課より行っていただきました。会場は久留米市教育センター2階大会議室で参加者は52名でした。

 

第76回くるめ相談ネット(相談分科会)では、久留米市健康福祉部 障害者福祉課より、相談支援事業所向けに「令和元年度障害福祉サービス事業者等集団指導」を行っていただきました。

今回は、相談支援事業所より事前にいただいた質問内容(モニタリングや請求をする上での留意点等)についても、障害者福祉課より回答いただきました。質疑応答では、相談支援事業所より相談支援専門員の業務の現状を踏まえつつ、ご意見・ご質問をいただく場面もあり、活発な意見交換が行われました。

 

第76回くるめ相談ネット(相談分科会)
日 時:2019年7月18(木)10:00~12:00
場 所:久留米市教育センター
担 当:北部障害者基幹相談支援センター
内 容:
1.令和元年度障害福祉サービス事業者等集団指導
久留米市健康福祉部 障害者福祉課より
2. 諸連絡
3.相談支援における意見交換

 

 

8月18日(日)、gocochi-Next主催の【ついんくる★★講座2019】が開催されます。第3回目のテーマは「ABAについて知ろう~ペアレントトレーニングの重要性~」。発達障害を「まなぶ・つながる・ひろがる」学習会です。発達障害に関心のある方、どなたでも参加できます。久留米市市民活動・絆づくり推進事業です。

この学習会は6月から始まり、令和2年3月まで、計9回開催されます。

9月にはドキュメンタリー映画上映会&シンポジウムも開催予定です。

今回の第3回学習会のテーマは「ABAについて知ろう~ペアレントトレーニングの重要性~」。

どうぞ、ご参加ください。

 

ついんくる★★講座2019 第2回学習会
日 時:8月18日(日)10時~
※詳細はチラシのタイムスケジュールをご覧ください(下記よりダウンロード)
会 場:えーるピア久留米 301・302学習室
講 師:松岡弘修先生 井口野間病院 精神科医・認定行動分析士
テーマ:ABAについて知ろう~ペアレントトレーニングの重要性~
ミニレクチャー(午後):課題分析
主 催:gocochi-Next(久留米市 幼児教育研究所・障害者福祉課・学校教育課 協働)

※参加費やお申込みなどの詳細は、下記のチラシにて必ずご確認ください。
こちらで紹介しております →

 

 

7月21日の大雨で被災された方にご案内します。久留米市社会福祉協議会ボランティアセンターでは、家の片付けなどのお手伝いのためにボランティアの派遣をします。生活環境の回復を優先するため、基本的には床上浸水の方が対象です。どうぞ、お電話・FAXにてお申込みください。

7月21日の豪雨災害により被災された住居等の復旧作業を支援することを目的に、久留米市社会福祉協議会を窓口とした「災害ボランティア相談窓口」が設置されています。

生活環境の回復を優先するため、基本的には床上浸水の方が対象です。

災害ゴミ出しや家具、室内のふき掃除・泥おとし作業などの支援です。

災害ボランティアの派遣を依頼される方は、以下のチラシにてご確認の上、お申込みください。

※PDF ダウンロード こちらへ →

 

 

 

6月20日、第75回くるめ相談ネット(相談分科会)を開催しました。今回は「災害対策について考えよう」をテーマに、講義やグループワークを行いました。会場は久留米市役所3階会議室で、参加者は33名でした。

 

第75回くるめ相談ネット(相談分科会)では、「災害対策について考えよう」というテーマで、久留米市地域福祉課の川原氏をお招きし、今年度の市の災害対策の現状と課題、災害時支援の充実化を図るために講義を行っていただきました。

グループワークではハザードマップを用いて、浸水地区を確認しての避難行動について、立ち退き避難(水平避難)・屋内安全確保(垂直避難)を各グループで共有したり、「災害時の対応」の項目を入れたサービス等利用計画を作成しました。

 

第75回くるめ相談ネット(相談分科会)
日 時:2019年6月20日(木)10:00~12:00
場 所:久留米市役所3階会議室
担 当:南部障害者基幹相談支援センター
内 容:
1.「災害対策について考えよう」
久留米市健康福祉部 地域福祉課 川原怜子氏より
2.グループワーク及び発表
3.質疑応答
4.諸連絡

 

 

久留米市社会福祉協議会主催による「要約筆記者養成講座」の受講生を募集します。聞こえづらい方のコミュニケーションをサポートする活動に参加しませんか? 申込締め切りは8月28日です。

 

音声情報があふれている社会のなかで、聞こえづらい方はその情報を入手できず困っておられます。

要約筆記は、その場で話されている内容を、文字にして伝えることで聞こえづらい方のコミュニケーションをお手伝いするものです。

聞こえづらい方が元気に地域活動などに参加できることを応援する要約筆記者を養成する講座の参加者を募集しています。

 

要約筆記者養成講座(パソコンコース)受講者募集
日 時
【説明会】 令和元年9月7日(土)10時~11時30分
【前期課程】令和元年9月14日(土)~令和2年2月22日(土)
【後期課程】令和  2年4月18日(土)~令和2年8月22日(土)
毎週土曜日 10時~12時(一部、15時まで)
〇会 場:久留米市総合福祉センター
〇申込先:久留米市社会福祉協議会 ボランティアセンター(担当:古賀・池田)
電話:(0942)34-3035  Email:heartful@kumin.ne.jp
〇申込締切:令和元年8月28日(水) 定員20名(申込多数の場合は抽選)
〇受講条件
講座修了後、久留米市内で要約筆記者として活動できる
Windowsノートパソコン(セブン以上、タブレット不可)を持参できる
事前説明会及び全期間(前期課程と後期課程)の8割以上に参加できる
〇受講料:無料 ※ただしテキスト代として3,600円

※詳細は、必ず募集要項チラシにてご確認ください。

※ダウンロード(PDF) 募集要項 → こちらへ 

 

 

久留米市でヘルプカード(お試し版)を作成しました! ぜひ、ご利用ください。

こちらからダウンロードできます → PDF版   →エクセル版

 

障害がある方で、手助けが必要であっても、外見ではなかなか分からなかったり、コミュニケーションが苦手で伝えることが出来なかったりすることがあります。周囲の方に手助けを必要としていることを知らせる久留米市版の「ヘルプカード(お試し版)」を作成しました。

令和元年8月くらいを目途に、皆様からの意見をいただき、ヘルプカードの内容を改良していければと考えています。ぜひご利用ください。

 

利用対象者
障害のある方、認知症のある方、難病の方、妊娠している方など、周囲のお手伝いが必要な方なら、どなたでも利用可能です。
入手方法
ホームページから、上記のように自由にダウンロードができます。
各基幹相談支援センターや久留米市役所 障害者福祉課でも入手することができます。
お問い合わせ先
各基幹相談支援センター
 東部(TEL)0943-73-0045
 西部(TEL)0942-27-2038
 南部(TEL)0942-51-8555
 北部(TEL)0942-65-7855
久留米市役所 障害者福祉課(TEL)0942-30-9035

「利用しよう」の頁にも掲載しております → こちら

ヘルプカード(おもて)の詳細

 

5月16日、第74回くるめ相談ネット(相談分科会)を開催しました。出席者は40名で、久留米市子ども未来部幼児教育研究所・診療所医師の家村明子先生に「発達障害の子ども達を地域でみること」と題して講演をしていただきました。

第74回くるめ相談ネット(相談分科会)では、久留米市子ども未来部幼児教育研究所・診療所医師の家村明子先生に、「発達障害の子ども達を地域でみること」と題して、医療機関で診察することの意義、「社会」の中でみる発達障害、大切な母と子の絆の問題について講演していただきました。発達障害の子ども達をみること、他職種との連携とは、子どもを社会(地域)に繋ぐことであり、そのためには、子どもがみんなと仲間になるための支援が必要であること。共通言語である診断をもとに、優先順位の高い支援から繋ぎ、子ども自身、そして保護者に寄り添うことが大切であること。そのために、それぞれの職種・連携機関の間での情報共有が不可欠であることがわかりました。

グループワークでは、「学校や医療機関で連携する際に工夫していること」について意見交換を行い、グループごとに発表しました。学校との連携では、学校の先生が参加しやすい時間を設定した上で、学校で担当者会議を開くこと、前もって学校での様子や家での様子などそれぞれから話を聞く時間を作るなどの工夫をして、関係性を作っていくことを大事にしている等の意見が出ました。また、医療機関との連携では、SSWを通して連絡する、病院に同行して関係性を作った上で担当者会議を行う、レジュメなどをあらかじめ作り話し合う内容をまとめておく等の意見が出ました。それぞれの工夫を聞くことで新しい気付きになりました。

 

第74回くるめ相談ネット(相談分科会)
日 時:2019年5月16日(木)10:00~
場 所:久留米市総合福祉会館 2階 集会室
担 当:西部障害者基幹相談支援センター
内 容:
1.「発達障害の子ども達を地域でみること」
久留米市子ども未来部 幼児教育研究所・診療所医師 家村明子先生
2.グループワーク
3.連絡事項

※地域生活支援協議会の相談支援分科会(くるめ相談ネット)については こちらをご覧ください →

 

4月18日、第73回くるめ相談ネット(相談分科会)を開催しました。今回は「久留米市の災害対策について」をテーマに、講義やグループワークを行いました。会場は宮ノ陣クリーンセンター2階会議室で、参加者は43名でした。

 

第73回くるめ相談ネット(相談分科会)では、「久留米市の災害対策について」というテーマで、久留米市防災対策課の桑野高行氏をお招きし、平成30年の豪雨災害の振り返りや市の防災対策の現状と課題、地域防災力の向上への取り組みなどの講義を行っていただきました。

グループワークでは、平成30年度の豪雨災害を振り返りながら、災害時にどう対応したか、また相談を受ける中で困ったことなどについて話し合いを行いました。

対応では、事業所や関係機関へ安否確認をされたり、救出活動や宿泊提供など直接的な支援を行われた相談員の方々もおられました。話し合いの中で、事前の連絡先の確認や早めのショートステイなどの利用促進、避難行動要支援者名簿への登録促進、食料や医療機器・電源などの確保、支援計画への避難行動の記録などの必要性については特に多く聞かれました。

防災対策課でも課題として、情報発信や共有のあり方、避難所の開設や運営の仕方、防災意識の啓発や地域防災力の向上について取り組まれているとのことでした。

地域で生活されている障害のある方と支援者が日頃から災害時について話し合い、備えていくことが大切であることを学びました。

 

第73回くるめ相談ネット(相談分科会)
日 時:2019年4月18日(木)10:00~
場 所:宮ノ陣クリーンセンター
担 当:東部障害者基幹相談支援センター
内 容:
1.「久留米市の災害対策について」
久留米市総務部防災対策課 防災チーム 桑野 高行氏
2.グループワーク及び発表
3.質疑応答
4.諸連絡