9月19日、第78回くるめ相談ネット(相談分科会)を開催しました。今回は久留米大学 文学部社会福祉学科教授 片岡靖子先生よりケースメソッドを用いた実践力の向上について講義をしていただきました。会場は久留米大学で、参加者は45名でした。

第78回くるめ相談ネット(相談分科会)では、相談支援事業所の相談支援専門員向けに久留米大学片岡靖子先生より講義をしていただきました。昨年度もケースメソッド及び倫理と価値に基づいた相談支援の実践について2度の講義をいただき、本年も継続して学びたいという希望を多くいただいていました。
休暇中の大学講義室をお借りして、懐かしい(?)学生気分を思い出しながらの受講でした。

 

講義のあとには、グループワークを行いました。事例をもとに、対応のなかで求められる判断や対処について話し合いましたが、それぞれの相談員さんの柔軟な発想やユニークな意見がたくさん飛び出す実りあるグループワークとなりました。

 

次回 第79回くるめ相談ネット(相談分科会)のご案内
日 時:2019年10月17日(木)10:00~12:00
場 所:総合福祉会館 2階集会室
担 当:西部障害者基幹相談支援センター
内 容:アセスメントについて(久留米大学 片岡先生)