2021年1月22日、令和2年度第4回くるめ相談ネット(相談分科会)を開催しました。今回は久留米大学社会福祉学科 教授 片岡 靖子 先生をお招きし、「クレームへの対応」のテーマで講義・演習をしていただきました。コロナ対策として、オンライン配信(Zoom)となりました。参加者は36名でした。

 

今回は、久留米大学社会福祉学科 教授の片岡先生をお招きし、「クレームへの対応」のテーマで講義・演習をしていただきました。悪質なクレームもありますが、事業所の対応を改善してほしいという「苦情」もあります。相談支援専門員として、「クレーム」なのか「苦情」なのかを見極めることが必要であることや、事業所や組織全体で対応する必要性について、学びを深めました。

相談支援専門員は、普段の関わりの中で利用者からの不満や苦情を気づいて受け止めることが重要であり、その積み重ねで「クレーム」にならないようにすることや、サービスの質、事業所としての支援力を高めていくことを確認し、質疑応答では、活発な意見交換が行われました。

 

令和2年度第5回くるめ相談ネット(相談分科会)予定
日 時:2021年3月18日(木)10:00~12:00
場 所:オンライン(zoom配信)
担 当:北部障害者基幹相談支援センター