11月19日、令和2年度 第3回くるめ相談ネット(相談分科会)を開催しました。今回は久留米大学社会福祉学科 教授 片岡 靖子 先生をお招きし、「システム論を用いた家族支援」のテーマで講義・演習をしていただきました。会場は宮ノ陣クリーンセンターで、初めてのオンライン配信(Zoom)も試みました。参加者は会場50名・オンライン受講4名の合計54名でした。

 

相談支援専門員として日々の活動の中で、対応方法に悩む部分もあるかと思います。

そこで今回は、久留米大学社会福祉学科 教授の片岡先生をお招きし「システム論を用いた家族支援」のテーマで講義・演習をしていただきました。家族支援の視点での講義で、原因を追究するのではなく未来に向けた支援に焦点をあてていくことや、相談員自身の思考のクセやコミュニケーションのパターンを変化させていくことで本人へのより良い関わりができるのだということを学ぶことができました。

また質疑応答では、ご講義に対してのご意見・ご質問をいただく場面もあり、活発な意見交換が行われました。

 

第4回くるめ相談ネット(相談分科会)予定
日 時:2021年1月21日(木)10:00~12:00
場 所:宮ノ陣クリーンセンター 2階研修室
担 当:南部障害者基幹相談支援センター
内 容:久留米大学社会福祉学科教授 片岡靖子先生 「クレーム対応」