7月16日、令和2年度 第1回くるめ相談ネット(相談分科会)を開催しました。今回は久留米市保健所 保健予防課の竹下咲子氏より、新型コロナウィルス感染症対応について講義を行っていただきました。会場は宮の陣クリーンセンターで、ソーシャルディスタンスを確保して開催し、参加者は40名でした。

 

昨年より猛威を振るっている新型コロナですが、福岡県でもすでに第二波の感染拡大が危惧されています。

相談ネットでは、県内の発症状況の共有や、日々の生活や職場で実践できる感染予防の方法などについて講義をしていただきました。今すべての人が、自分自身が感染しない様に、自分から周りの人へ感染させない様にすることが重要であると再認識できました。

また、後半には、相談支援専門員の古賀さんより、重心分科会の活動報告を行っていただきました。重い障害のある方の災害時の避難行動についてワーキングを立ち上げ、家族、地域の方々、支援関係者からの少しずつの協力で安心して避難ができる体制の確認を行うことができたとの発表がありました。

地域生活支援協議会では、今後も各分科会を通して、課題解決に向けた取り組みを行っていきます。

 

令和2年度第2回くるめ相談ネット(相談分科会)予定
日 時:令和2年9月24日(木)10:00~12:00
場 所:宮の陣クリーンセンター 2階研修室
担 当:北部障害者基幹相談支援センター
内 容:調整中